サプリメントを食事代わりにすることのデメリット





いくつかのデメリットが、サプリメントを食事代わりにすることにはあるといいます。
カロリーの摂り過ぎはあるかと思いますが、これは栄養素の摂り過ぎとは異なります。通常の食事では、ある栄養素だけを摂りすぎてしまうということはまずありません。一番にあげられるのは、単一栄養素の摂りすぎです。食事代わりに摂った場合に単一栄養素の摂りすぎを、サプリメントは満腹感が得られにくいため招きやすいといえるのではないでしょうか。
このほか咀嚼の問題も、食事代わりにサプリメントを摂取した場合に考えられます。顎や脳への刺激、唾液の分泌が、サプリメントを食事代わりにすることにより噛む事がなくなることで低下してしまうでしょう。
サプリメントの成分の問題です。いろいろな添加物が使用されているということなので、添加物は食事代わりに摂ることにより、通常の食事で摂るよりもはるかに多く摂取していることになります。人工的なサプリメントは、その形状を保つために加工されているものです。通常の食事でも、添加物が問題視されるようになって久しいといえるでしょう。
実際にサプリメントに含まれる栄養素の質そのものが問題な場合があります。栄養素といっても人工的に合成されたものは、体に優しいとは決して言えないでしょう。
サプリメントを食事代わりにすることは、これらの理由を見てみるとあまり良いことではないのです。利用の仕方を間違えると、健康に役立つサプリメントにもデメリットが起こる場合もあるので、サプリメントは用量や用法を守ってを活用することをおすすめします。






一日の楽しみが食事なのでサプリで済ますなんて考えられない!